独自のサービスファイルの作り方

ROSチュートリアルの流れ

はじめに

この章では、独自のサービスファイルを作成し、ROSで使用する方法を解説します。
独自のメッセージファイルの作り方で作成した日付と時間を配信するトピックを改良して、日付と時間を返すサービスを作成してみたいと思います。

サービスファイルの書き方

独自のサービスファイルは、srvディレクトリに置きます。 無い場合はsrvディレクトリを作りましょう。
roscd ros_tutorial/
mkdir srv
要求に対し日時と時間を返すサービスを作成してみましょう。
vim srv/DateTrigger.srv
DateTrigger.srvの中はこのように書きます。
---
bool success
int32 date
float64 time
これは入力は何もなく、出力はboolsuccessint32datefloat64timeを定義しています。
つまりサービスに対して、要求があったらsuccessdatetimeを返すということです。
次にCMakeLists.txtを編集します。
roscd ros_tutorial/
vim CMakeLists.txt
57行目からのadd_service_filesのコメントアウトを外し、59行目にDateTrigger.srvを追加します。
catkin_wsに移動し、catkin_makeを行います。
cd ~/catkin_ws/
catkin_make
これで準備完了です。
DateTrigger.srvが使用できるか確認していきます。
rossrv show ros_tutorial/DateTrigger
以下のように表示されたら、正しく作成できています。
---
bool success
int32 date
float64 time

プログラムを改良

サーバ

まずros_tutorialパッケージに移動します。
roscd ros_tutorial
time_pub2.pyをコピーしてdate_server.pyという名前で保存しましょう。
cp scripts/time_pub2.py scripts/date_server.py
vim scripts/date_server.py
プログラムを以下のように改良します。
date_server.py
#!/usr/bin/env python
import rospy
from ros_tutorial.srv import DateTrigger, DateTriggerResponse
from datetime import datetime
def callback_srv(data): #changed
l = []
d = DateTriggerResponse()
d.date = '' #9~12 changed
d.time = ''
try: #add
now = datetime.now()
l = str(now)
for i in range(0,10):
d.date += l[i]
for i in range(11,25):
d.time += l[i]
d.date = int(d.date.replace('-', ''))
d.time = float(d.time.replace(':',''))
d.success = True #22~25 changed
except:
d.success = False
return d
if __name__ == '__main__':
rospy.init_node('date_server') #changed
srv = rospy.Service('date_call', DateTrigger, callback_srv) #changed
rospy.spin()
実行権限を与えます。
chmod +x scripts/date_server.py

コード解説

time_pub2.pyから変更したところを解説していきます。
from ros_tutorial.srv import DateTrigger, DateTriggerResponse
今回作成したサービスファイルをインポートします。
def callback_srv(data):
callback_srvという関数名で定義してます。
d = DateTriggereResponse()
DateTriggereResponsedという名前でインスタンス化しています。
try:
now = datetime.now()
l = str(now)
for i in range(0,10):
d.date += l[i]
for i in range(11,25):
d.time += l[i]
d.date = int(d.date.replace('-', ''))
d.time = float(d.time.replace(':',''))
d.success = True
処理自体は同じですが、最後にreturn dDateTriggerResponseを返しています。
except:
d.success = False
return d
失敗の場合はFalseを返します。

クライアント

10カウントごとに時刻を取得するプログラムを書きます。
date_client.pyという名前で作成しましょう。
vim scripts/date_client.py
date_client.py
#!/usr/bin/env python
import rospy
from ros_tutorial.srv import DateTrigger
class Client():
def __init__(self):
self.call = rospy.ServiceProxy('date_call', DateTrigger)
self.res = ""
def call(self):
for i in range(11):
print(i)
rospy.sleep(0.1)
self.res = self.call()
print("~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~")
print(self.res)
print("~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~")
rospy.sleep(1)
if __name__ == '__main__':
rospy.init_node("date_client")
rospy.wait_for_service("date_call")
c = Client()
rate = rospy.Rate(10)
while not rospy.is_shutdown():
c.call()
rate.sleep()
実行権限を与えます。
chmod +x scripts/date_client.py

コード解説

まずClientクラスから説明していきます。
def __init__(self):
self.call = rospy.ServiceProxy('date_call', DateTrigger)
self.res = ""
__init__関数では今回呼び出すサービスのdate_callself.callという名前で宣言しています。 self.resself.callで呼び出したサービスのレスポンスを受け取るための変数です。
def call(self):
for i in range(11):
print(i)
rospy.sleep(0.1)
self.res = self.call()
print("~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~")
print(self.res)
print("~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~")
rospy.sleep(1)
date_call関数では10カウントした後、self.res = self.call()で結果を受け取り表示させています。
if __name__ == '__main__':
rospy.init_node("date_client")
rospy.wait_for_service("date_call")
date_clientというノード名で宣言し、date_callが立ち上がるのを待っています。
c = Client()
rate = rospy.Rate(10)
while not rospy.is_shutdown():
c.call()
rate.sleep()
Clientクラスをcという名前でインスタンス化し、プログラムが終了するまでcall関数を呼び出しています。

実行方法

それぞれ別のターミナルで実行してください。
roscore
rosrun ros_tutorial date_server.py
rosrun ros_tutorial date_client.py

実行結果

date_client.pyを実行したターミナルで以下のように表示されたら正しく実行できています。
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
success: True
date: 20181114
time: 123304.60767
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2018年11月14日の12時33分4.60767秒を指しています。
Copy link
On this page
ROSチュートリアルの流れ
はじめに
サービスファイルの書き方
プログラムを改良
サーバ
コード解説
クライアント
コード解説
実行方法
実行結果